ハルカBookmark ホーム »伝記
カテゴリー「伝記」の記事一覧

スティーブ・ジョブズⅡ /ウォルター・アイザックソン (訳)井口耕二   

■どんな本?
- 本書そでより -
自身が語り尽くした公式伝記
本書を読まずして、未来を語ることはできない

- 本書目次より -
第22章 再臨
第23章 王政復古
第24章 シンク・ディファレント
第25章 デザイン原理
第26章 iMac
第27章 CEO
第28章 アップルストア
第29章 デジタルハブ
第30章 iTunesストア
第31章 ミュージックマン
第32章 ピクサーの友人
第33章 21世紀のマック
第34章 第1ラウンド
第35章 iPhone
第36章 第2ラウンド
第37章 iPad
第38章 新たな戦い
第39章 無限の彼方へ
第40章 第3ラウンド
第41章 受け継がれてゆくもの

■読んでみてどうだった?
- Goodポイント -
故スティーブ・ジョブズ氏の生涯を知ることができる一冊。

Ⅰ・Ⅱに分かれた本作の後半である本書。
アップルに復帰してからの彼の人生が描かれている。
iPhoneやiPad、iPodなどの革新的な機器がどのようにして作られたのかが知れる。

ジョブズ氏の考え方やこだわりが随所で飛び出すのが非常に面白い。
例えば、iPhoneやiPadなどアップルの製品はバッテリーの交換が自分で出来ない。
類似する他の製品では可能なことが出来ない理由を知ると、ユーザーにとって不便なことすら美点に見えてしまうから不思議だ。
(交換できない理由は本書を読んで確認して欲しい)

こだわりは製品だけではなく、製品が入っている箱、それを販売する店舗(アップルストア)にも注がれている。
その他には、天才的と言われているプレゼンテーションについても触れらている。
どのような準備やこだわりを持って数々の製品発表が行われていたかを知ることが出来る。

本書は伝記ではあるが、ビジネスマンにとっては大変参考になることが多い。
IT業界以外で働く方にもぜひ読んでいただきたい。

■オススメ度
★★★★★

↓出版社や価格、他の方のレビューをこちらから確認できます。

スポンサーサイト



category: 伝記

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

スティーブ・ジョブズ I /ウォルター・アイザックソン (訳)井口耕二   

■どんな本?
- 本書帯より -
最初で最後の決定版伝記
いま明かされる、カリスマのすべて

- 本書目次より -
第1章 子ども時代
第2章 おかしなふたり
第3章 ドロップアウト
第4章 アタリとインド
第5章 アップルⅠ
第6章 アップルⅡ
第7章 クリスアンとリサ
第8章 ゼロックスとリサ
第9章 株式公開
第10章 マック誕生
第11章 現実歪曲フィールド
第12章 デザイン
第13章 マックの開発力
第14章 スカリー東城
第15章 発売
第16章 ゲイツとジョブズ
第17章 イカロス
第18章 ネクスト
第19章 ピクサー
第20章 レギュラー・ガイ
第21章 『トイ・ストーリー』

■読んでみてどうだった?
- Goodポイント -
故スティーブ・ジョブズ氏の生涯を知ることができる一冊。
iPhoneやiPad、iPodなどの革新的な機器を生み出したジョブズ氏の考え方やこだわりを知ることができる。

Ⅰ・Ⅱに分かれた本作の前半である本書。
幼少期から学生時代、アップルの立ち上げ。アップルでの成功、追放。ネクストの立ち上げ、ピクサーの再生。
と、前半だけでもめまぐるしい程に波乱万丈に満ちている。

ジョブズ氏といえばIT業界への影響力は言わずもがなだが、ピクサーの再生に関わっていたことは本書ではじめて知った。
トイ・ストーリーなど、今日のピクサー映画は彼がいなかったらこの世に無かったと言える。

書かれている内容はジョブズ氏を賛辞するような内容だけでは無い。
普通であれば隠しておきたいこと(付き合っていた女性が妊娠して出産したが長らく認知しなかった、など)も包み隠さず書かれている。

伝記ではあるが、非常に面白い物語としても読みごたえがある。

- Badポイント -
ごく基本的なIT関連の用語は本書内で普通に使われているため、それらの用語に馴染みの無い人には読みづらいと思われる。

■オススメ度
★★★★★

↓出版社や価格、他の方のレビューをこちらから確認できます。

category: 伝記

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

人気ビジネス・経済本

 

▲ Pagetop