ハルカBookmark ホーム »2014年04月
2014年04月の記事一覧

「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本/柏木 吉基  

■どんな本?
タイトルの通り、データ分析や統計分析の手法について解説された本。

データを分析する方法だけが書かれているのでは無く、分析対象とするデータを集める際のポイント、
集めたデータを効果的に見せる提案(プレゼン)するポイントにも触れている。

利益を出すためのデータ、リスクを見積もるためのデータ、今後の展望を予測するためのデータ等々
ビジネスの現場で必要なデータの分析について書かれている。

全6章からなる構成で、各章の最初には新人会社員のA君が上司にアドバイスをもらいながら
データ分析に取り組む様子が描かれており、その章で勉強することがわかるようになっている。

分析の難しい計算など自分で行う必要は無く、Excelを使った簡単な手法が書かれているため、
数字が苦手な人にとってもハードルは低い。

■読んでみてどうだった?
タイトルからして心にグサッとくる。
「それ、根拠あるの?」「それ、なんの意味があるの?」「なにを伝えたいのかわからない」
こんな言葉を上司から言われたことがあるのは私だけでは無いと思う。

仕事をしていれば多かれ少なかれ数字には触れる。
上司やお客さんに求められたデータや数値をそれらしく見えるように加工してして出す。
そうすると上のような言葉を貰う。

これまでデータ分析を行うときは数字とにらめっこして、なにか分からないか?と悩むところから始めていた。
本書を読んで、データ分析作業にも流れがあることを知った。
その流れは以下。

目的をはっきりさせる → 仮説を立てる → データに手法を用いて分析をする

流れにしたがって作業を行った方が効率が良いことがわかった。
また、この流れで行うことの利点は目的がしっかりすることでもある。

データ分析を行っても、望んだ結果が出ないこともある。
その時には仮説やデータや手法を見直すのだが、目的は変わらない。
目的がブレてしまうと、なんのための分析をしているのかわからなくなってしまうからだ。
困ったら目的に立ち返る。これがシンプルだけど大切なこと。

私は気がつくと分析をすること自体が目的になっていたり、分析をしたという行動や過程に満足してしまうため、
気をつけなくてはいけないと感じた。

上司から「それ、根拠あるの?」と言われたことのある人や、データ分析を勉強したいという人にお勧めです。

■オススメ度
★★★★★


category: データ分析

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 1

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか/鳩山 玲人  

■どんな本?
筆者(鳩山 玲人さん)はキティちゃんで有名なサンリオの常務取締役。
その鳩山さんがビジネスにおいて心がけているポイントがまとめられている。

30代後半という若さで現在の立場になる「桁外れの結果」を生み出すには
どのようなことに取り組んでいるのか?
それが書かれている本。

全6章からなる構成で、1つの章に5~10個程度のポイントが書かれている。
1つのポイントに対して2~3ページのため、集中力が途切れなくて読みやすい。
各章の最後には、その章で重要な部分の抜粋があるので振り返りもしやすい。

■読んでみてどうだった?
本屋でこの本を手に取ったのは、帯に書かれていた一文。
『これをやるか、やらないかで3か月後に大きな差がつく!』

これまでなんとなく働いてきた自分には仕事のお手本が必要だと思い購入。

よっぽど難しいことをやっているのかと思いきや、実現が絶対に不可能なことは多くない。
書かれているのは、普通は面倒だと思ってしまうことをしっかりやることの大切さ。

・・・でもそこは「桁外れの結果」を生み出す人がやっていること。
新しい仕事をやるときには専門家と対等に話せるレベルでの知識を付ける、とか 。
朝早く起きて、睡眠時間を削って、時間のリソースを増やす、とか。
私はこれを見て『面倒だな』『辛そうだな』と思ってしまうから「並の結果」しか出せないのかもしれないと自己嫌悪。

人間関係のポイントや、仕事に対するマインド、筆者が新人の頃からやっていることなど、幅広く書かれていて『なるほど』と思うことは多い。

新社会人としてこれから大きく成長したい方や、日々同じことの繰り返しで成長が実感できていない方などにお勧めです。

■オススメ度
★★★☆☆



category: ビジネスマインド

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ブログ、はじめました(自己紹介)  

私は30代前半でIT系の企業に勤めているサラリーマンです。

会社はIT系だけど技術職ではないので特別なスキルは無く、特技も無ければ特徴も無い。
コミュニケーションも苦手で大人しく日々を過ごしている。
それでも心の奥では人並みに、出世したい、自分に自信を持ちたい、と思っている。

でも具体的になにをすれば良いのかわからない。

飽きっぽいし、集中力も無いので、習い事をはじめても続かないかもしれない。
自分になにが出来るか考えた結果が「本を読む」こと。
これまでに自発的に読んだ本はマンガとかラノベしか無いけれど、これからはビジネスに関する本を読んでみよう。

このブログでは、そんな自分に自信の無いダメリーマンが実際に読んだ本の紹介や感想を中心に書いていこうと思います。

category: 自分のこと

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

人気ビジネス・経済本

 

▲ Pagetop