ハルカBookmark ホーム » コミュニケーション »一対一でも大勢でも人前であがらずに話す技法/森下 裕道

一対一でも大勢でも人前であがらずに話す技法/森下 裕道  

■どんな本?
- 本書そでより -
すぐ使えて、"まるで別人"になれる方法があった!
・「嫌な思い出」を紙に書き出すと緊張しない
・目をそらさずに話す秘訣は「まばたき」
・「否定語」をやめるとガクガク震えなくなる
・自分にかかったマイナスの暗示を解く法
・相手のほうから近づいてくる「魔法の質問」
・深追いされたら、「相手に考えさせる」のも手
・「相手の胸の内」がわかる話の聞き方

「朝礼」「会議」「プレゼン」「面接」「恋愛」どんな場面でも効果絶大の具体例が満載!

- 本書目次より -
第1章 一瞬で「あがり」が止まる秘密のテクニック
第2章 あがり症を「克服する」効果絶大のトレーニング
第3章 過去も未来も「今、この瞬間」に変える法
第4章 どんな場面でもあがらない「切り抜け」テクニック

■読んでみてどうだった?
- Goodポイント -
人前で発表をする時や、上司・部下と大事な話をする時、高級なお店に行く時など、緊張をする場面は多々ある。
これらの緊張を緩和させるための考え方や技法が紹介されている。

例えば…
上記のような緊張する場面では自分が「見られている側」になると緊張が増すため、「見ている側」の意識を持つことがポイント。
相手に見られていると思うと、失敗できない、下手なことはできない、と緊張をしてしまうもの。
意識を逆にもって、相手を見ていると思えば心に余裕が生まれてくる。

このほかにも、色々なテクニックや普段からできる練習方法などが掲載されている。

- Badポイント -
私自身あがり症で、正直、人と話すのは得意では無い。
本書に書かれている内容で取り込めそうな内容は実践していきたいのだが、中には心理的にハードルの高いものもある。
例えば「道端で人に道を尋ねて克服する」ようなトレーニング。
実践できれば苦手の克服につながるのだとは思うが、そもそもそれが出来ないから苦労しているというジレンマも出てくる。

■オススメ度
★★★★☆

↓出版社や価格、他の方のレビューをこちらから確認できます。

スポンサーサイト



category: コミュニケーション

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harukabookmark.blog.fc2.com/tb.php/24-290a41be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

人気ビジネス・経済本

 

▲ Pagetop