ハルカBookmark ホーム » 経済学 »日常の疑問を経済学で考える/ロバート・H・フランク  (訳)月沢 李歌子

日常の疑問を経済学で考える/ロバート・H・フランク  (訳)月沢 李歌子  

■どんな本?
- 本書そでより -
経済学はこんなに常識的で単純だった!
大先生が誰でもわかりやすい物語形式で日々のナゾを経済学的に解決します。

- 本書目次より -
1 製品設計における経済学
2 行動における需要と供給
3 等しい能力をもつ労働者の稼ぎが異なるのはなぜか
4 値段交渉の経済学
5 競争とコモンズの悲劇
6 所得にまつわる神話
7 市場のシグナルを読み解く
8 海外のエコノミック・ナチュラリストたち
9 心理学と経済学の出会い
10 人間関係の市場
11 二つのオリジナル

■読んでみてどうだった?
- Goodポイント -
人間の脳は物語形式の方が記憶に残るため、経済学も数式やグラフを多用して解説しているだけではダメ、というコンセプトのものに日々の身の回りにあるアレコレを経済学的に解説している一冊。

普段目にしているものの「何故?」を費用便益などの観点から結論付けている。
例えば「CDとDVDのディスクは同じサイズなのにパッケージの大きさが違うのはなぜ?」など。

- Badポイント -
経済学的な観点で解説をしているが、要所要所でこじつけや推測・思い込みとしか言えないようなものも混ざっていて「それは経済学か?」と首を捻りたくなる。
正直、経済学の勉強にはならないため、雑学のネタくらいに思って読むのがちょうどよい。

とはいえ、取り上げられている事例がアメリカの事例が多いため、いまいちぴんと来ないものも多い。

■オススメ度
★☆☆☆☆

↓出版社や価格、他の方のレビューをこちらから確認できます。
スポンサーサイト



category: 経済学

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://harukabookmark.blog.fc2.com/tb.php/30-84e89a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

人気ビジネス・経済本

 

▲ Pagetop